第16回いけせん誌上句会

[第6回東京池袋川柳会(いけせん)誌上句会]

 

募集期間  2017.11.10〜2018.1.10

投句総数  914句

主  催  東京池袋川柳会

後  援  (一社)全日本川柳協会


 

●題と選者

題 [ 自由 ] 杉山昌善 選

入 賞 入 賞 句 雅 号
特 選  鳥一羽離して手足かるくなる  米山 明日歌
秀 作
 ひらがなの様な気分にさせる風呂  北村 純一
   しばらくは自由でいたい足の裏  平井 松風
   何時の日か肩甲骨は羽根になる  伊藤 正美
   弱虫の心の底にある自由  大本 工
佳 作
 傷癒えて見上げる空の青きこと  下江 悦子
   自分からエデンの園を出たのです  渋谷 史恵
   オシドリも別行動で伸ばす羽
 小熊 泰子
   猫として生きるためなら努力する
 長峯 雄平
   奔放な矢印天を指している  白瀬 美智男
   あの頃は自由を謳歌した眉毛  田崎 信
   部屋の鍵しめて自由を夢みてる
 岡田 弘子
   わが道を行く肩書きのない名刺
 渡辺 勇三
   散らかった自由集めて待つ天寿  青山 三休
   渡り鳥自由なようで群れて飛ぶ  幅 茂
   日の丸の上下左右もない平和
 黒川 周平
   かまぼこを縦に切ってもいいじゃない  藤井 京子
   切れている鎖気づいてない犬  伊東 真
   天の川渡り逢いたい人に逢い  川村 均
   唐突に自由なメイクする深夜  藤田 留美子

●総評

「自由」、形の見えない題でしたので、 「自由」とは何かを十七音字で、説明する句が多かったです。 定年後の時間、妻の留守、籠の鳥…、また、自由と責任をセットにし、道徳的、倫理的な表現も。 その点、「 自由」は、標語やスローガンになりやすい題だったかもしれません。今回のポイントは、 「 自由」をどのような具象と組み合わせて、自分の心情を吐露するかです。佳句の皆さんの具象の バラエティをお楽しみください。    

●選評

特選

鳥が大空へ自由に飛び立つという発想が多かった中で、一羽の鳥を自分から切り離すという人間の視点がお見事。「 放す」ではなく「 離す」に、濃密な密着からの開放を感じます。

第14回いけせん誌上句会

[第5回東京池袋川柳会誌上句会]

 

募集期間  2015.7.15〜2015.8.31

投句総数  962句

主   催  東京池袋川柳会


●題と選者

題 [ 笑う ]  辻直子 選

入 賞 入 賞 句 雅 号
特 選  笑うこと忘れた部屋に飯運ぶ
 平井 松風
秀 作
 自らを笑い切れないコメディアン  伊藤 弘子
   にが笑いしてタンポポになってやく  門脇 かずお
   五センチにカステラを切るグフフフフ  遠藤 ゆかし
佳 作  いつからか目と目で笑うあの二人  上池 五郎
   渋顔で爺が出かける笑いヨガ  鈴木 則子
   もみじの手笑いの渦を持ち歩く  宮井 裕明
   下手なほどヒーローでした福笑い  三好 光明
   ロボットとオテテ繋いでユートピア  阿部 和己
   おばちゃんが笑う毒舌バスツァー
 吉川 勇
   散歩中独笑独吟救急車  二見 順雄
   初対面笑い皺見てほっとする  吉岡 和生
   出演者だけが笑っているテレビ  湯浅 勝史
   笑えない現(うつつ)を笑うふざけた世  草道 久幸

選評

特選及び秀作

[自らを笑い切れないコメディアン]

笑うという題で人間の切なさ、哀しさをうたっているところがスゴイです。

秀作

[にが笑いしてタンポポになってゆく]

句の中に自分がいて自分を見つめている。

[五センチにカステラを切るグフフフフ]

わかりやすくカステラ好きの嬉しそうな顔が浮かぶ。

 

●題と選者

題 [ 笑う ]  田岡弘 選

入 賞 入 賞 句 雅 号
特 選  一億の総活躍は笑顔から
 早雲 まち子
秀 作
 いつまでも笑う鏡でいてほしい  井田 あさみ
   南窓笑顔が透けるまで磨く  小田中 準一
   マドンナの笑窪に潜む落とし穴  井関 由香里
佳 作  天井のしみの笑いに笑み返す  野村 陽子
   ふるさとに笑えぬ場所がひとつある
 青山 三休
   にが笑いしてタンポポになってゆく  門脇 かずお
   人間をずっと笑っている鸚鵡  迫 好子
   父ちゃんと母ちゃんが笑い子が笑う  白石 敬冶
   アルバムの笑わぬ顔が私です  青山 一休
   思い出し笑いしている日向ぼこ  永井 清治
   通信簿5より嬉しい「よく笑う」  松永 智文
   お茶の間の笑いスイッチ孫が押す  金子 秀重
   人知れず笑い続ける深海魚  長峯 雄平

●選評

特選

スケールの大きな佳句だと思います。一億の総活躍には、やはり一億の笑顔が必要ですね。

秀作

[いつまでも笑う鏡でいてほしい]

作者は、きっと笑顔の絶えない人生を送られる事でしょう。

[南窓笑顔が透けるまで磨く]

南向きの明るい窓、笑顔を見せて・見せられたらいいですね。

[マドンナの笑窪に潜む落とし穴]

トップバッターの句ですが、川柳らしい佳句だと思います。男性への警鐘ですね。

第13回いけせん誌上句会

[第3回東京池袋川柳会誌上句会]

 

募集期間  2016.2.10〜2016.5.30

投句総数  1037句

主   催  東京池袋川柳会


●題と選者

題 [ 燃える ]  松橋帆波 選

入 賞 入 賞 句 雅 号
特 選  「会いたい」を燃料にしてペダル漕ぐ  足立 有希
秀 作
 恋してるうさぎの耳は燃えている  吉川 勇
   向かい風 燃えれば燃えるものですね  神奈 伊知郎
   燃えないで下さい明日が辛いから  上池 三郎
ジュニア部門入賞  好きなこと心が赤く燃えている  中学二年/宮沢 真彩
佳 作
 ゆっくりと指から燃えて行く嫉妬  青山 一休
   嘘つきな指が一本燃えている  東 十郎
   ペンを持つ静かに燃えている言葉  岡本 恵
   朝夕に脂肪を燃やすスニーカー  SAMU
   IH燃えているのかいないのか  渋谷 史恵
   燃える場所ここよと君に導かれ  井関 由香里
   失言を燃料にするツィッター  小松 真人
   火事よりも野次馬を呼ぶスキャンダル  松永 智文
   目ん玉に炎が映り込んでいる  柳谷 益弘
   こすり過ぎ燃えて来そうなスマホかな  鈴木 章

●選評

総評

 「燃える」作品、1037作品を詠ませて頂き、心の底から「燃えたい」方が多いことに感銘いたしました。「燃える」から連想される事柄は、物理的燃焼 状態、またそれに比喩される精神状態、加えてその状態が進行しているさま、未然状態だが可燃性が高いさま等でしょう。「燃え尽き」てしまうと課 題から離れるかと思いましたが、たくさんの果敢なご投稿一句一句を丹念に鑑賞させて頂きました。残念ながら選考に残らなかった作品であって も、その思いは一人ひとりの大切な宝です。思いを大切に、次のチャレンジへ心を燃やしてくださいませ。

●選評

 特選句

坂道。寸時を惜しんで逢いに行く。深夜だろうか?など色々な状況が思い浮かびます。車や交通機関を使わず自転車でという点も若い 情熱を想起させます。[会いたい]という括弧を使った表記から、心の呟きや、溢れる情熱が吐かせる「会いたい」という言葉など、様々な場面を連 想させます。

秀作

[恋してるうさぎ]

ウサギはひとりぼっちでいるとストレスをためてしまう生物です。常に誰かと繋がっていたい。SNS全盛の今を感じます。 「耳」はLINE?Facebook?そんな比喩を感じました。

[向かい風]

追い風も向かい風も、炎を燃え上がらせるのに十分エネルギーを持っています。追い風は人に能力以上のものを与えます が、向かい風はそれを跳ね返すために通常以上の能力を搾り出すきっかけとなります。内からの力、人の可能性を感じさせる作品です。

[燃えないで]燃えないでと訴えているのですが、実は燃えているのです。そして燃えることを期待しています。明日辛いのだけれど、受 け入れてしまうのです。その辛さは日々の充足感に繋がります。人の業を感じさせる作品です。

ジュニア部門

 [好きなこと]

平易な表現でありながら、世代を問わず共有性が高い作品です。「赤く」は安直だけれども、「青く」「碧く」など奇を てらっていないところに好感が持てます。

佳作

[ゆっくりと指から]

ゆっくりと燃えていく嫉妬。やがて二次関数的に急激に燃え上がるのでしょうね。

[嘘つきな指が]

薬指でしょうか。いつもはめているリングが今日はありません。そんなドラマをイメージしました。

[ペンを持つ]

感情的にほとばしる言葉より、冷静に淡々と主張を積み上げる言葉のほうが伝達性が高いですね。

[朝夕に脂肪を]

一駅歩くという健康法をイメージしました。

[朝夕]と[スニーカー]

一日のメリハリを感じさせます。

[IH燃えているのか]

面白いです。「燃焼」という現象は起きていませんが、調理器具を通じてガスが点火しているのと同じような状態を生み出し ます。厳密には「燃えていない」けれど「燃える」という課題に投稿されたセンスを買いたい。

[燃える場所]

火スイッチ。言葉で「ここよ」というだけでなく、仕種や行動で導かれていく。連想を広げてゆくことで楽しめる作品。

[こすり過ぎ燃えてきそうな]

極端だけれど面白い作品。こういう中高生を見かけます。ゲームに燃えているのでしょうね。中には画面がひび割 れている子も。

[失言を燃料にする]

些細なことが些細なきっかけで騒がれてしまいます。謝罪したり修正したり、削除するとそれがまた燃料になる。他の可燃 物が見つかるまでは終わらないのです。

 [火事よりも]

世の中情報化社会ですから、居ながらにして野次馬になれてしまいます。

[目ん玉に炎]

マンガ、アニメでお馴染みの表現。目は口ほどにものを言いますからね。

 

●題と選者

題 [ 燃える ]  米山明日歌 選

入 賞 入 賞 句 雅 号
特 選  めらめらと二月堂から春が来た
 中村 宗一
秀 作
 定年を目前にして矢吹丈  猪口 和則
   ベテランのここ一番の引火点  大釜 洋史
   ゆっくりと指から燃えて行く嫉妬  青山 一休
ジュニア部門入賞
 負けたくない燃える心にうそつかず  中学二年/石井 里駆
佳 作
 燃え上がる歓喜忘れた四分音符  田岡 弘
   眼の中に恋燃えている曼珠沙華  吉川 勇
   がん告知燃える太陽揺れ動く  永嶋 幸一
   線香を燃やし一本線を引く  井関 由香里
   別れ際あなたの嘘が燃えている  風祭 鉢郎
   あきらめぬ好きなスパッツはく日まで  畑中 真理子
   なにもせず内臓脂肪燃える夢  若林 正伸
   あなただけ極楽鳥花の赤い口  くりこ
   うちの孫掴まりまり立に燃えてます  佐藤 昭雄
   燃えるまなざしで明日を捕まえる  勝又 恭子

●選評

ジュニア部門

[負けたくない燃える心にうそつかず]

素直な心の句だとおもいました。私と同じです。燃えるとは、自分、ある時には、他人にも負けたくないという気持ちだと思います。正直な心を詠んでいると思いました。

特選

[めらめらと二月堂から春が来た]

水取りの行事のことですね。めらめらと春が来る。という表現にぐ、ぐっと惹かれました。燃えるからの発想。みごとです。

[定年を目前にして矢吹丈]

立て、立つんだ。という声が聞こえてきました。

[ベテランのここ一番の引火点]

ここ一番。引火点。締まった句に。ベテランの味がでてました。

[ゆっくりと指から燃えて行く嫉妬]

体の末端。しかも、ゆっくりと。指から燃える。と言う言葉に、妙に納得いたしました。

第12回いけせん誌上句会

[第3回東京池袋川柳会誌上句会]

 

募集期間  2015.11.10〜2016.1.10

投句総数  724句

主   催  東京池袋川柳会


●題と選者

題 [ 味 ]  辻直子 選

入 賞 入 賞 句 雅 号
特 選
 落ちてたら拾っておいてねほっぺたを  井口 元美
秀 作
 憲法の第九条を舐めてみる  門脇 かずお
   縦皺が横じわになる酒を飲む  吉川 勇
   味の無いガムを噛んでる老夫婦  小林 功
佳 作
 定年後やっといい味でた夫  田崎 信
   いいもんだ味のある字の年賀状  石畝 秀隆
   駄菓子屋に昭和ロマンの味がする  早雲 まち子
   祖母の味「けえってこい」と我を呼ぶ  西戸 公香
   人間の群れに揉まれて来た丸み  上池 三郎
   変化球投げぬ老舗が守る味  稲村 誠一郎
   人は皆味覚党です党首です  藤木 光夫
   なりたいねひと味違ういい女  古賀 由美子
   真実に味付けをした武勇伝  岡野 満
   履歴書の隙間に生きた顔がある  遠藤 一喜

●選評

特選句

発想の楽しさ、表現法抜群です。中八ですが気になりません。

秀作

[憲法の]

始めて我が事として九条を感じている姿がうかがえます。舐めてみるのがいいです。

[縦皺が]

縦皺、横じわの目のつけどころがいい。さぞやおいしいお酒だったのでしょう。

[味の無いガム]

味の無いガムで味気のない老いの淋しさを表現していて上手い。

 

●題と選者

題 [ 味 ]  植竹団扇 選

入 賞 入 賞 句 雅 号
特 選  お袋の味ってなんだすっぱさか  あおきがく
秀 作
 男なんて芋とおんなじ煮ころがし  吉川 勇
   味の無いガムを噛んでる老夫婦  小林 功
   梅干しを口にふくんでにらめっこ  富田 幸雄
佳 作
 逃げはせぬ私の料理食べたから  葦乃原 光晴
   おつな味傷テープ入りハンバーグ  亀井 千代蔵
   逆さまに読ます屋台の隠し味  大釜 洋志
   スプーンの味の染み入るアイスクリン  高橋 和
   岩塩は深い太古の味がする  長峰 雄平
   小気味よいトライみてから初詣  猪口 和則
   変化球投げぬ老舗が守る味  福村 誠一郎
   味よりも色紙が自慢老舗店  石田 昇
   味探る舌の先にもあるエロス  千田 康司
   姑に味見頼むと嬉しそう  瀬尾 恵子

●選評

特選  

「ひとが口が酸っぱくなるほど言ってもちっとも分からん」と、愚痴る傍らで「ちっとも分からんの、そりゃ馬鹿かも知れんね」と、伯母は混ぜっ返した。親の意見と茄子の花は…なんてことに気づくのは、酸いも甘いも噛み分ける年頃を待たねばならぬ。

秀作 

男の料理なんて容易いもの。[芋の煮ころがし]のようなもんよ。煮ころがされて喜んでいる男の顔が見える。

味も色も香りも抜けて、残ったのは[ガム]そのものの味だけ。夫婦ともに同じ思いならば最高。

日本人に共通の認識を呼び起こさせる存在感のある[梅干し]を登場させて、見事なユーモア句。

第10回いけせん誌上句会

[第2回東京池袋川柳会誌上句会]

 

募集期間  2015.7.15〜2015.8.31

投句総数  353句

主   催  東京池袋川柳会


●題と選者

題 [ 充電 ]  辻直子 選

入 賞 入 賞 句 雅 号
特 選  「鬼平」を読み終え雨季を立ち上がる 
 奈良 浩
秀 作
 充電が切れてホントの僕になる  長峯 雄平
 
 抱き締める妻の背中が充電器  石橋 直樹
   ふるさとに抱かれて眠る二週間  古賀 由美子
佳 作
 窓際で準備進めるクーデター  梶 政幸
   充電はしないと決めて調子いい  惠良 正巳
   晩酌にもらう明日のエネルギー  田岡 弘
   ハンドルもスマホも離し一人旅  深谷 文喜
   敵であり味方でもある充電器  平井 煕
   缶ビール並ぶ姿はバッテリー  宍戸 由味
   スキンヘッド実は太陽電池です  佐々木 栄一
   腹ペコの電池ただいま食事中  岩嵜 誠治
   妻のナビ充電切れはいつだろう  岡本 計枝
   老いらくの恋で若さをチャージする  稲岡 俊一

●選評

特選句

[鬼平]

まず鬼平という具象があって駄目な自分を雨季と称し最後に立ちあがるでスカッとした気分にさせる

素晴らしい。

秀作

[充電が]

頑張り過ぎてる姿は相手にも負担です。自然体でガンバロウ!

[抱きしめる]

一心同体の妻に勝るものはなし。

[ふるさとに]

 企業戦士でしょうか?何もかも忘れてぐっすり眠って下さい。

 

●題と選者

題 [ 充電 ]  佐道正 選

入 賞 入 賞 句 雅 号
特 選  フル充電今日はたくさん話そうね  須山 恵美
秀 作
 充電も賞味期限も切れ気楽  宮尾 美明
   窓際で準備進めるクーデター  梶 政幸
   充電をしても動かぬ錆びた愛  岡田 弘子
佳 作
 ストレスにぼんやりという充電器  柳谷 益弘
   ふるさとの風を心に蓄える  福島 敏朗
   泣いた日はあなたの胸が充電器  長峯 雄平
   それぞれに充電の場所持つ夫婦  青柳 婦美子
   うちの部下いつも充電しっぱなし  西垣 力徳
   濡れ落ち葉趣味を見つけて天日干し  上野 浩子
   充電をしてはどうかと肩叩き  松永 智文
   ショートして終わったロングバケーション  佐々木 恭司
   電力も作れると風自負を持つ  吉川 勇
   枯れそうな時はひたすら映画観る  井関 由香里

●総評

「充電」という題は、意味がある程度限定されて発想が拡がりにくいせいか、同想句・類想句がたくさん見られた。その中で選をするとなると、どうしても表現(プラスリズム)の巧拙が勝負ということになってしまう。発想の面白さで本当は選びたいところであるが、今回はなるほどと思わせる表現の上手い句が中心となった。また、そういう意味でも、少なからずあった中八・下六の句はどうしてもリズム感に欠け、結果的に全没となった。全353句より第一次選で49句に絞り、最終的に上記の選となった。14句には、同想・類想のある句もあったが、すべて作者の思いが伝わってくる句ばかりで、表現・リズムとも問題のない句ばかりであった。

●選評

特選句

[たくさん話そうね]

作者の思いがいっぱい詰まっており、心温まる思いで、直に共感できた。誰と話をされたかわからないが、きっと楽しい一日を過ごされたことだろう。

秀作

[充電も]

定年後の充電を詠った句はたくさんあったが、みんな充電のし過ぎを詠っている中、充電が切れたと詠ったのに目を引かれた。老境を嘆いたりカラ元気を出したりするのでなく、「気楽」と考える恬淡の境地に好感が持てた。「軽み」のある佳句である。

[窓際で]

窓際族が充電している句もいくつかあったが、この句は「クーデター」を持てきて、ドラマ性を出してきたのがよかった。逆境にいるサラリーマンの野心がよく捉えられている。同想から抜け出るにはこういった一ひねりが大切になってくるのだろう。

[充電を]

この句は「錆びた愛」が出色。夫婦も長くやっているとこうなってくるよと共感でしつつ、つい笑ってしまう。こういうひねくれた句も川柳の持ちの一つである。

第8回いけせん誌上句会

[第1回東京池袋川柳会(いけせん)誌上句会]

 

募集期間  2015.3.1〜2015.4.30

投句総数  452句

主  催  東京池袋川柳会


 

●題と選者

題 [ 咲く ]  田岡弘 辻直子 迫好子選

入 賞 入 賞 句 雅 号
特 選  海原に知覧の花は散って咲き  佐々木 恭司
秀 作
 隙間でもわたしの場所で凛と咲く  中川 潔
   桜咲く季節は妻もトラとなる  黒飛 義竹
   花吹雪心の扉開けておく  井関 由香里
佳 作
 ときめきは満開よりも三分咲き  岡野 満
   開花予想トップニュースなる平和  小川 文子
   天井の花真夜中に咲いて散る  門脇 かずお
   自分史のところどころに咲く桜  高橋 まりえ
   遅咲きでいい笑顔になれるなら  林 守郎
   君が咲く卒業写真忘れない  平井 煕
   遅咲きの苦労をためた貯金箱  岩崎 誠治
   サクラサク聞いて走るよ金策に  林 泰子
   サボテンも花咲かせたい夜の街  千田 康司
   笑顔咲く親子三代盆の膳  赤羽 慶正
   面影を映し花咲く神田川  中野 弘樹
   喜びの咲き乱れたる黒揚羽  谷口 祐太朗
   遅咲きの今が学びの適齢期  小熊 泰子
   花の香を凛と放って少女羽化  杉本 湘路
   徘徊の母が持つ手に桜花  井内 雅仁

●選後感想

春という季節柄桜に関連する句が多かったです。 

蕾から満開になりやがて散る… 沢山の表現が有りました。

●総評

特選句

本当に悲しいことですが、知覧から飛び立ち青春を散らせて見事に咲きました。

日本の国民の心の中には、いつまでも咲いていることでしょう。

秀作

[私の場所で咲く]

意志が光っていました。

[トラ]

昔は花見で大トラになるのは男ばかりでしたが今や女性も負けずに大トラに!

色々な意味で男女同権の世の中になりましたね。

[花吹雪]

その気持ちが大事です。きっと心の中も華やぐでしょう。