「染める」

◎染められた男はきっと貝になる

「調和」

◯釣り合いの取れぬ妻でも嫉妬する

(川柳人協会句会)

「歌」

◯書き下ろす歌詞がまだある観覧車

「解る」

☆山門をくぐると解る僕の視野

「築く」

☆信頼を築く酒なら惜しまない

文化祭川柳大会).jpg 

令和3年度文化祭川柳大会(2021.11)

第48回いけせん句会

日時/2021年11月21日(日)

場所/としま区民センター 5階会議室

当日の題と選者 特選は次の通り

○宿題

[落葉]平井熙選

ケンケンパ幼子楽しげ落葉ふむ/津田隆

[音]沢渡隆選

アリベデルチ!ひと夏の恋発車ベル/藤森吟二

[おでん]藤森吟二選

ただひとつ残るおでんの身の辛さ/沢渡隆

○席題

[老]関根悟選

秋刀魚二匹焼ける幸せ老夫婦/藤森吟二

[追いかける]右田俊郎

追いかける気持ちはあるが足もつれ/津田隆

[互選句]

足止めて自分をさがすネオン街 平井熙 8点句

人生の近道探し遠回り 吉田正夫 5点句

巣ごもりと言えば言い訳すべて済む 沖光美 5点句

インターネット句会2021秋

[2021年秋の入選句発表

 

募集期間  2021.9.25〜2021.10.31

投句総数  303人 1050句

お  題  [味] [いきいき]

選  考  平井 煕

 


      2021秋の入選作品発表

  

題 [味]  

[特選]喜びと昆布は後で沁みてくる    田岡弘 

[特選]味な真似するじゃないかと敵を褒め 岡野満 

[特選]煮あがりの音を逃さぬ母の味    桜木美津子

選後感想

皆さんの作品、味のこだわりが伝わってきました。 

特選の三句は味覚より気持ちの味わいを添え人の動き や情がある作品と言えよう。

[佳作]

味のある人と惜しまれ大往生    右田俊郎 

辛口も塩対応も親の愛       牛窪伸幸 

隠し味企業秘密と母笑う      原田大吉 

着る人で味が出て来る地味な服   渡会克男 

風景は忘れど味は覚えてる     中村暁代 

味しめて柳の下を狙い打ち     津田隆 

隠し味誰かに私見せたくて     常盤守郎 

青春のちょっと切ない薄荷飴    加藤ゆみ子 

ぶりっ子と嘘泣き駆使し味しめる  稲嶺みゆき 

歳重ねまあるい味に仕上がった   岡田弘子

 

 

題「いきいき」

[特選]秋を行く長い自粛を抜けた靴    加藤ゆみ子 

[特選]いきいきの花萎れても踏ん張る根  沢渡隆 

[特選]だれもみな味方に見えた絶頂期   渡辺勇三

選後感想

何がいきいきかと説明句が多かった中で 特選の三句はいきいきの様子が浮かぶ、

感動が持てる 作品である。

[佳作]

風に立つライオン風が突き刺さる    関根悟 

捕まっていきいき動く蛸の足      岡崎実 

朝に悔い昼に治って夜に飲む      安田清一 

勝てませんいきいき妻に黙る爺     川坂雄行 

うなぎ食いまだ現役と親爺言う     原田大吉 

わくわくがいきいきの元老い知らず   山崎愛二郎 

ぴかぴかがスキップしているランドセル 中村宗一 

プレスから解放されて伸びるバネ    田村美穂 

マスク抜け金木犀の旬届く       渡部佳朗 

いきいきの種にも水を忘れない     常盤柳人

2021秋の入選発表

[2021年秋の入選句発表

 

募集期間  2021.9.25〜2021.10.31

投句総数  303人 1050句

お  題  [味] [いきいき]

選  考  平井 煕

 


      2021秋の入選作品発表

  

題 [味]  

[特選]喜びと昆布は後で沁みてくる    田岡弘 

[特選]味な真似するじゃないかと敵を褒め 岡野満 

[特選]煮あがりの音を逃さぬ母の味    桜木美津子

選後感想

皆さんの作品、味のこだわりが伝わってきました。 

特選の三句は味覚より気持ちの味わいを添え人の動き や情がある作品と言えよう。

[佳作]

味のある人と惜しまれ大往生    右田俊郎 

辛口も塩対応も親の愛       牛窪伸幸 

隠し味企業秘密と母笑う      原田大吉 

着る人で味が出て来る地味な服   渡会克男 

風景は忘れど味は覚えてる     中村暁代 

味しめて柳の下を狙い打ち     津田隆 

隠し味誰かに私見せたくて     常盤守郎 

青春のちょっと切ない薄荷飴    加藤ゆみ子 

ぶりっ子と嘘泣き駆使し味しめる  稲嶺みゆき 

歳重ねまあるい味に仕上がった   岡田弘子

 

 

題「いきいき」

[特選]秋を行く長い自粛を抜けた靴    加藤ゆみ子 

[特選]いきいきの花萎れても踏ん張る根  沢渡隆 

[特選]だれもみな味方に見えた絶頂期   渡辺勇三

選後感想

何がいきいきかと説明句が多かった中で 特選の三句はいきいきの様子が浮かぶ、

感動が持てる 作品である。

[佳作]

風に立つライオン風が突き刺さる    関根悟 

捕まっていきいき動く蛸の足      岡崎実 

朝に悔い昼に治って夜に飲む      安田清一 

勝てませんいきいき妻に黙る爺     川坂雄行 

うなぎ食いまだ現役と親爺言う     原田大吉 

わくわくがいきいきの元老い知らず   山崎愛二郎 

ぴかぴかがスキップしているランドセル 中村宗一 

プレスから解放されて伸びるバネ    田村美穂 

マスク抜け金木犀の旬届く       渡部佳朗 

いきいきの種にも水を忘れない     常盤柳人