第9回いけせん誌上句会

[第6回ビジネス川柳誌上句会]

 

募集期間  2015.4.1〜2015.5.31

投句総数  1856句

主  催  東京池袋川柳会   株式会社ジャパン・イーグルス


●題と選者

題 [ 酒 ]  平井煕&スタッフ 選

入 賞 入 賞 句 雅 号 府 県 名
特 選  酒の友最後の一献通夜の席  荒井 千代子  新潟
秀 作
 宴席の昭和の語り部また去りし  清詩薫  三重
   饒舌の切符を買いに縄のれん  井関 縁  埼玉
   愚痴になる酒と知りつつ注いでやる  夢眠  岡山
   あと一本言わないうちに飯が出る  杉本 湘路  神奈川
   飲むほどにふくらむ夢とへそまわり  中年やまね  神奈川
佳 作
 大トラは朝は小ネコで丸くなる  日下部 佐知子  千葉
   酒を飲む無言の父の手酌受け  安藤 一明  長野
   しなだれる肩がほしいな独り酒
 そら  大阪
   飲むたびに酒に呑まれて友が減り
 久野 和春  愛知
   本心がチラリ顔出す酒の席  浮世っ子  愛知
   ボロ傘が最後に残る縄のれん  黒飛 義竹  広島
   酔うほどに自慢話の空中戦
 風まかせ  群馬
   余剰米日本酒にしてドル稼ぐ  トラ姫  愛知
   過疎の地も居酒屋だけは元気村  てぬき親父  茨城
   酒だって人を選んで呑まれたい  風蛙  千葉
   接待を終えて屋台で飲み直し
 小次郎
 山口
   名刺より酒でつかんだ得意先  だいちゃんZ!  大坂
   交友の広さ取り持つ酒の縁  泰任  千葉
   肩書きがとれて気楽な屋台酒  中野 雄介  大阪
   乾杯で一瞬消えるわだかまり  日輪草  埼玉

●選後感想

今回は酒と言う題のせいか、ひねりよりストレートな作品が多かったです。

その中で特選は、

「友との別れ最後の一献!」

と言う情景が浮かぶ作品を選ばせていただきました。