第12回いけせん誌上句会

[第3回東京池袋川柳会誌上句会]

 

募集期間  2015.11.10〜2016.1.10

投句総数  724句

主   催  東京池袋川柳会


●題と選者

題 [ 味 ]  辻直子 選

入 賞 入 賞 句 雅 号
特 選
 落ちてたら拾っておいてねほっぺたを  井口 元美
秀 作
 憲法の第九条を舐めてみる  門脇 かずお
   縦皺が横じわになる酒を飲む  吉川 勇
   味の無いガムを噛んでる老夫婦  小林 功
佳 作
 定年後やっといい味でた夫  田崎 信
   いいもんだ味のある字の年賀状  石畝 秀隆
   駄菓子屋に昭和ロマンの味がする  早雲 まち子
   祖母の味「けえってこい」と我を呼ぶ  西戸 公香
   人間の群れに揉まれて来た丸み  上池 三郎
   変化球投げぬ老舗が守る味  稲村 誠一郎
   人は皆味覚党です党首です  藤木 光夫
   なりたいねひと味違ういい女  古賀 由美子
   真実に味付けをした武勇伝  岡野 満
   履歴書の隙間に生きた顔がある  遠藤 一喜

●選評

特選句

発想の楽しさ、表現法抜群です。中八ですが気になりません。

秀作

[憲法の]

始めて我が事として九条を感じている姿がうかがえます。舐めてみるのがいいです。

[縦皺が]

縦皺、横じわの目のつけどころがいい。さぞやおいしいお酒だったのでしょう。

[味の無いガム]

味の無いガムで味気のない老いの淋しさを表現していて上手い。

 

●題と選者

題 [ 味 ]  植竹団扇 選

入 賞 入 賞 句 雅 号
特 選  お袋の味ってなんだすっぱさか  あおきがく
秀 作
 男なんて芋とおんなじ煮ころがし  吉川 勇
   味の無いガムを噛んでる老夫婦  小林 功
   梅干しを口にふくんでにらめっこ  富田 幸雄
佳 作
 逃げはせぬ私の料理食べたから  葦乃原 光晴
   おつな味傷テープ入りハンバーグ  亀井 千代蔵
   逆さまに読ます屋台の隠し味  大釜 洋志
   スプーンの味の染み入るアイスクリン  高橋 和
   岩塩は深い太古の味がする  長峰 雄平
   小気味よいトライみてから初詣  猪口 和則
   変化球投げぬ老舗が守る味  福村 誠一郎
   味よりも色紙が自慢老舗店  石田 昇
   味探る舌の先にもあるエロス  千田 康司
   姑に味見頼むと嬉しそう  瀬尾 恵子

●選評

特選  

「ひとが口が酸っぱくなるほど言ってもちっとも分からん」と、愚痴る傍らで「ちっとも分からんの、そりゃ馬鹿かも知れんね」と、伯母は混ぜっ返した。親の意見と茄子の花は…なんてことに気づくのは、酸いも甘いも噛み分ける年頃を待たねばならぬ。

秀作 

男の料理なんて容易いもの。[芋の煮ころがし]のようなもんよ。煮ころがされて喜んでいる男の顔が見える。

味も色も香りも抜けて、残ったのは[ガム]そのものの味だけ。夫婦ともに同じ思いならば最高。

日本人に共通の認識を呼び起こさせる存在感のある[梅干し]を登場させて、見事なユーモア句。