第16回いけせん誌上句会

[第6回東京池袋川柳会(いけせん)誌上句会]

 

募集期間  2017.11.10〜2018.1.10

投句総数  914句

主  催  東京池袋川柳会

後  援  (一社)全日本川柳協会


 

●題と選者

題 [ 自由 ] 杉山昌善 選

入 賞 入 賞 句 雅 号
特 選  鳥一羽離して手足かるくなる  米山 明日歌
秀 作
 ひらがなの様な気分にさせる風呂  北村 純一
   しばらくは自由でいたい足の裏  平井 松風
   何時の日か肩甲骨は羽根になる  伊藤 正美
   弱虫の心の底にある自由  大本 工
佳 作
 傷癒えて見上げる空の青きこと  下江 悦子
   自分からエデンの園を出たのです  渋谷 史恵
   オシドリも別行動で伸ばす羽
 小熊 泰子
   猫として生きるためなら努力する
 長峯 雄平
   奔放な矢印天を指している  白瀬 美智男
   あの頃は自由を謳歌した眉毛  田崎 信
   部屋の鍵しめて自由を夢みてる
 岡田 弘子
   わが道を行く肩書きのない名刺
 渡辺 勇三
   散らかった自由集めて待つ天寿  青山 三休
   渡り鳥自由なようで群れて飛ぶ  幅 茂
   日の丸の上下左右もない平和
 黒川 周平
   かまぼこを縦に切ってもいいじゃない  藤井 京子
   切れている鎖気づいてない犬  伊東 真
   天の川渡り逢いたい人に逢い  川村 均
   唐突に自由なメイクする深夜  藤田 留美子

●総評

「自由」、形の見えない題でしたので、 「自由」とは何かを十七音字で、説明する句が多かったです。 定年後の時間、妻の留守、籠の鳥…、また、自由と責任をセットにし、道徳的、倫理的な表現も。 その点、「 自由」は、標語やスローガンになりやすい題だったかもしれません。今回のポイントは、 「 自由」をどのような具象と組み合わせて、自分の心情を吐露するかです。佳句の皆さんの具象の バラエティをお楽しみください。    

●選評

特選

鳥が大空へ自由に飛び立つという発想が多かった中で、一羽の鳥を自分から切り離すという人間の視点がお見事。「 放す」ではなく「 離す」に、濃密な密着からの開放を感じます。